1. TOP
  2. media
  3. コラム
  4. 【初心者におすすめ】デジタルマーケティングを勉強できる本 ベスト5!
【初心者におすすめ】デジタルマーケティングを勉強できる本 ベスト5!

【初心者におすすめ】デジタルマーケティングを勉強できる本 ベスト5!

rt.horizono

コロナ禍においてオンライン化が急速に進行している現在、IT技術やインターネットなどのデジタル施策を活用して行うデジタルマーケティングは企業活動において必須になっています。

そのような状況で、書店には様々なマーケティング関連の書籍が並んでいますが、いざ学ぶとなるとどの書籍を手にとればいいのかわからない、と悩まれる方も多いのではないでしょうか。

そこで、本記事ではデジタルマーケティングに取り組むに当たり、最初に押さえておきたい基本的な考え方や各種手法を解説している本を厳選し、ご紹介します。

こんな方におすすめ

  1. ✓職場でデジタルマーケティングに取り組むことになったが、何からはじめれば良いのかわからない
  2. ✓会社の売上拡大や営業活動効率化をはかりたいと思っており、デジタルマーケティングにどんな手法や考え方があるのか知りたい
  3. ✓デジタルマーケティングの関連本はたくさんあるが、何から参考にすれば良いのかわからず、おすすめを知りたい

基本的な考え方や概念を勉強する3選

「デジタルマーケティング」について、基本的な知識を学べる書籍を3つご紹介します。どの書籍も難しい言葉が少なく、知識ゼロの方でも読みやすい初心者向けの書籍です。

はじめてでもよくわかる!デジタルマーケティング集中講義

著:カティサーク 押切 孝雄 出版:マイナビ出版(2017年4月発刊)

はじめてでもよくわかる!デジタルマーケティング集中講義 表紙

画像引用元: マイナビブックス

タイトルにある通り、デジタルマーケティングをはじめて学ばれる方でもわかりやすく、最初の一冊としてお勧めの入門書です。大学の講義での教科書としても採用されており、理解しやすい内容でありながらもしっかりとした知識を身につけることができます。

講義形式で読み進められる本書では、理論だけでなく、実際の企業の事例も織り交ぜながら幅広いトピックが紹介されおり、確認のクイズもあるため、読み進めながら自身の理解度をチェックすることも可能。

デジタルマーケティングを「ざっくり押さえ」ながら、まずはデジタルマーケティングの全体像を把握したいという方におすすめの1冊です。

【はじめてでもよくわかる!デジタルマーケティング集中講義 目次の一例】

第1講 デジタルマーケティングと第4次産業革命

第2講 ネットとリアルの融合、テクノロジー自動化

第3講 顧客心理モデルとデジタルマーケティング

第4講 限界費用ゼロのデジタルマーケティングとUI・UX

第5講 ローカルビジネスSEOとエンゲージメント

第6講 EC市場の進展、リアルの展開とシェアリングエコノミー

第7講 SEOの歴史とコンテンツマーケティング、Webメディアと倫理

第8講 SNSと動画のマーケティング

第9講 Web広告とアドテクノロジーの進展

第10講 動画とWebサイトの分析ツール

第11講 オウンドメディアを強化する10のツール+1

第12講 ポストスマートフォン時代からシンギュラリティ、第5次産業革命へ【商品解説】

引用元:マイナビブックス

ドリルを売るには穴を売れ

著:佐藤義典 出版:青春出版社(2007年1月10日発刊)

ドリルを売るには穴を売れ 表紙

画像引用元: 紀伊国屋書店 WEBSTORE

本書は商品・サービスを売る全ての人に向けたマーケティングの入門書です。マーケティングの目的に最低限必要な4つの理論「ベネフィット」「差別化」「4P」「ターゲティング」について、サブストーリーを交えながら、わかりやすく解説されています。

タイトルは、「商品を売るには、顧客にとっての『価値』から考えよ」という意味で、マーケティング業界ではよく知られている言葉です。

『価値』を切り口に基本的な「モノを売るときの考え方」をよく理解できるようになる本書は、長年にわたって親しまれている人気の一冊です。

【ドリルを売るには穴を売れ 目次の一例】

序章 “マーケティング脳”を鍛える

第1章 あなたは何を売っているのか?―ベネフィット

第2章 誰があなたの商品を買ってくれるのか?―セグメンテーションとターゲット

第3章 あなたの商品でなければならない理由をつくる―差別化

第4章 どのように価値を届けるか?―4P

第5章 強い戦略は美しい

引用元:紀伊国屋書店 WEBSTORE

たった一人の分析から事業は成長する 実践 顧客起点マーケティング

著:西口一希 出版:翔泳社(2019年4月8日 発刊)

たった一人の分析から事業は成長する 実践 顧客起点マーケティング 表紙

画像引用元: SE Book

著者の敏腕マーケター西口一希氏が確立したフレームワークの理論と実践が全て公開されている本書は、マーケティングの使い方や重要性を理解するのに適した一冊です。

ロート製薬では化粧水「肌ラボ」を本数ベースで日本1位へ、スマートニュースではiPhoneアプリランキング100位圏外から1年で1位へと導いた著者が、「アイデア」や「顧客ピラミッド」、「9セグマップ」など、マーケティングにおいて重要である様々なトピックを丁寧に解説しています。

後半になるにつれ、理論だけでなく具体的な内容も書かれているため、実践的にデジタルマーケティングを学び、「プロ」を目指したい方におすすめの一冊です。

【たった一人の分析から事業は成長する 実践 顧客起点マーケティング 目次の一例】

序章 顧客起点マーケティングの全体像

第1章 マーケティングの「アイデア」とN1の意味

 1-1 マーケティング「アイデア」とは何か

 1-2 N1を絞り込むことを恐れない

 column 1 iPhoneに見る「アイデア」の変遷

第2章 【基礎編】顧客ピラミッドで基本的なマーケティング戦略を構築する

 2-1 顧客ピラミッドの作成とその意味

 2-2 行動データと心理データの分析

 2-3 N1起点のカスタマージャーニー

 2-4 「アイデア」創出と再現性の確認

 2-5 5W1Hのマーケティング戦略立案

 column 2 顧客ピラミッドの新商品開発への活用

第3章 【応用編】9セグマップ分析で販売促進とブランディングを両立する

 3-1 4顧客9セグマップの作成

 3-2 49セグマップ分析によるブランディングの議論

 column 3 4実際のアンケートを使った自動車業界の9セグマップ分析

第4章 【ケーススタディ】スマートニュースのN1分析とアイデア創出

 4-1 顧客ピラミッドと9セグマップの作成

 4-2 詳細な行動データと心理データの分析

 4-3 N1分析からの「アイデア」創出とコンセプトテスト

 4-4 テレビCMでPDCAを回して集中投下

 column  4顧客の理解が浅かった失敗事例

第5章 デジタル時代の顧客分析の重要性

 5-1 デジタル社会に生きる顧客を捉える

 5-2 ジタルベンチャーが起こす破壊的イノベーション

 column 5 新リアルワールドに住んでみた

引用元:SE Book

各種マーケティング手法を勉強する2選

デジタルマーケティングに関する手法について、初めて学ばれる方におすすめしたい書籍を2冊ご紹介します。

いちばんやさしいシリーズ「いちばんやさしい デジタルマーケティングの教本 第2版 人気講師が教えるコミュニケーションと販促の新しい基礎」

著:田村 修 出版:インプレス

いちばんやさしいシリーズ「いちばんやさしい デジタルマーケティングの教本 第2版 人気講師が教えるコミュニケーションと販促の新しい基礎」 表紙

画像引用元: インプレスブックス

これ一冊でデジタルマーケティングの仕事の全体像を把握できる入門書です。教養と実務の両面からデジタルマーケティングを紐解くため、よりわかりやすく理解を深められる内容になっています。

ネット広告やソーシャルメディア、オウンドメディアの三分類に沿った課題解決法の解説や、ウェブサイト運営の領域で続々と登場する最新技術を正しく吟味できる、仕事全体の「見取り図」が記載されている本書では、消費行動についての基礎を理解しながら、マーケティングの仕事に関する知見をより深めることが可能です。

知識ゼロからデジタルマーケティングを勉強する方だけでなく、成果を出すために今持っている知識を改めて整理したい方にもおすすめします。

【いちばんやさしいシリーズ「いちばんやさしい デジタルマーケティングの教本 第2版 人気講師が教えるコミュニケーションと販促の新しい基礎」 目次の一例】

Chapter 1 デジタルとマーケティングの関係を整理しよう

Chapter 2 オウンドメディアを正しく運営しよう

Chapter 3 ブランド訴求や販促までネット広告を広く活用しよう

Chapter 4 ソーシャルメディアで消費者に正しく向き合おう

Chapter 5 購入に至るまでの消費行動について学ぼう

Chapter 6 トータルなデジタルプランニングに向けて

引用元:インプレスブックス

沈黙のWebマーケティング/ライティング

著:松尾 茂起 作画:上野 高史 出版:エムディエヌコーポレーション

沈黙のWebマーケティング/ライティング 表紙

画像引用元: MdN BOOKS

数多のWebサイトを救ってきた伝説のWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍する漫画風のストーリーを通じて、Webマーケティングの基礎や考え方、ノウハウを学べる本書。理解を深めるための解説と対話形式のストーリーを交えた構成になっており、活字が苦手な方でも読みやすい一冊になっています。

Webマーケティングにおいて必ず押さえておくべきポイントが紹介されているほか、ソーシャルメディアの効果的な運用法、SEOの現在の潮流をはじめ、Googleウェブマスターツールの活用術、コンテンツマーケティングの極意などが解説されており、知識のない方でも効率よく基礎やマーケティング手法を理解することができます。

また、難しそうな単語もわかりやすく解説されており、物語を読むように楽しく読み進めることが可能です。基礎とともに手法を学ばれたい方は、本書を手に取ってみることをお勧めします。

【沈黙のWebマーケティング/ライティング 目次の一例】

01 夜明けのSEOペナルティ解除

02 偽りと本質のWebデザイン

03 Webライティングは二度輝く

04 逆襲のSWOT分析

05 コンテンツSEOの誘惑

06 コンテンツマーケティング攻防戦

07 真実のソーシャルメディア運用

08 G戦場のレンタルサーバー

09 さらばボーン!沈黙の彼方に!

炎の中の真実―EPILOGUE

引用元:MdN BOOKS

まとめ

本記事では、デジタルマーケティングを学ぶに当たり、最初に手に取っていただきたい本をご紹介しました。

デジタルマーケティングに初めて取り組む際、専門性の高い分野への苦手意識や難しい用語の登場で壁を感じやすいかもしれませんが、本記事で紹介した書籍は、知識ゼロの方でもデジタルマーケティングの基礎を楽しみながら理解できるものになっています。

デジタルマーケティングを学びたいけれど、どこから始めていいか迷っている方は、ぜひ本記事の中から気になった一冊を手に取ってみてください。

また、デジタルマーケティングを基礎から学べるお役立ち資料「デジタルマーケティングの入門書」を以下のフォームから無料でダウンロードいただけます。
こちらもぜひご活用ください。

  • Cloud CIRCUSを
    もっと知りたい

    資料ダウンロード
  • どんな機能があるの?
    導入や契約について知りたい

    お問い合わせ