1. TOP
  2. media
  3. 導入事例
  4. COCOARが文学館の企画展の演出に採用。映画『呪怨』の伽椰子と俊雄が現れるAR
COCOARが文学館の企画展の演出に採用。映画『呪怨』の伽椰子と俊雄が現れるAR

COCOARが文学館の企画展の演出に採用。映画『呪怨』の伽椰子と俊雄が現れるAR

Cloud CIRCUS 広報部

前橋文学館様は前橋市出身の詩人たちの資料を豊富に展示しており、年間5~6万人の方が訪れる文学館です。常設展に加え、様々な企画展も開催しており、来館者の方により楽しんでもらえるように制作会社の株式会社五光様とAR企画を実施しています。

萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち前橋文学館 様

株式会社五光 様

動画や3Dを出せる点がARの魅力。COCOARはリーズナブルで導入しやすかった。

AR検討理由をお教えください。

前橋文学館 高坂様(以下、高坂様):佐野市のゆるキャラ「さのまる」がARを取り入れた企画を実施している話を聞いて、文学館でも使えると感じたのがきっかけです。ARで動画や3Dを表示させることができる点に魅力を感じました。

ARサービス「COCOAR」導入理由は何ですか?

五光 田村様(以下、田村様):スターティアラボの営業の方に話を聞いたり、展示会のブースでCOCOARの使い方を見て、活用できそうだと感じたからです。

高坂様:費用もとてもリーズナブルだったので、導入のハードルが低かったというのもありますね。


パンフレットやARスタンプラリーでCOCOARを活用。企画展のARでお化けが出現する演出にも。

COCOARをどのようにご活用いただいたのでしょうか。

高坂様:パンフレットにARを仕込んで企画展を盛り上げる演出や文学館をめぐるARスタンプラリーでたびたびCOCOARを活用しています。
現在は企画展「怖いを愛するー映画監督・清水崇の世界展」を盛り上げるために活用しています。前橋市出身で、映画「呪怨」などホラーをメインとして様々な作品を世に送り出している世界的映画監督・清水崇の作品世界を存分に味わっていただける企画展となっています。AR企画として「COCOAR」で壁、階段、お札などから作品に登場する怨霊の伽椰子と俊雄が現れるような演出を実現しました。

▼企画展「怖いを愛するー映画監督・清水崇の世界展」
https://www.maebashibungakukan.jp/kikaku/3468.html

スマートフォンで壁を読み取ると映画『呪怨』の俊雄が現れるAR

壁にスマホをかざすと誰もいないはずの椅子に…

AR制作秘話:「怨霊伽椰子と俊雄が本当にいる」と反響を呼んだ演出の実現

今回のAR企画について事前に配慮した点や工夫した点などはありますか?

高坂様:AR体験への導線づくりは意識しました。順路の一番最初の壁にアプリダウンロードの案内を出し、ARマーカーの案内パネルも用意したおかげで沢山の方にARを楽しんでいただけています。
また、企画については清水監督の「怖さと笑いは紙一重」という考えを体現したいと思っていました。COCOARのランダム再生機能は1つのマーカーから複数のコンテンツを表示させることができる機能のため、怖いものから笑えるものまで同時に楽しんでもらえる企画を実現できました。

田村様:ARコンテンツの見せ方については、実際にユーザーがスマートフォンで見た際、「本当にここに(怨霊が)いるんじゃないか?」と思ってもらえるように、ARコンテンツが階段の上や椅子の上など特定の場所に表示されるように設定しました。

階段では伽椰子が忍び寄るホラー調のARや手を振っているコミカルなARまで7種類のARコンテンツがランダムで再生される。

ホラー調のARや手を振っているコミカルなARまで

AR×映像×ホラーは大反響で、SNSへの投稿も多数

「COCOAR」をお使いいただいた結果や成果はいかがでしたか?

高坂様:今までで一番反響がありました!ホラー映画を扱った企画展なので、いないはずのものが出てくるというARの性質と幽霊の性質がうまくマッチしたと感じています。特に、他の企画展に比べSNSに上げてくれる反応は多かったです。

インタビューのより詳しい内容は、COCOARの公式HPサイトでご覧いただけます。

「ホワイトペーパー」「サービス資料」
欲しい資料が1分でダウンロードできる
クラウドサーカスについて
お気軽にお問い合わせください