1. TOP
  2. media
  3. 新着情報
  4. 21年7月1日 クラウドサーカス株式会社誕生のお知らせ
21年7月1日 クラウドサーカス株式会社誕生のお知らせ

21年7月1日 クラウドサーカス株式会社誕生のお知らせ

Cloud CIRCUS 広報部


働くに楽を。

「日本は生産性が低い」と言われます。
しかし、この国には優れたものづくりやサービス、
そして優秀な人々がたくさん存在しています。

足りないのは「マーケティング」である。
さまざまな現場を見てきた私たちはそう考えます。
マーケティングによる最適化ができないから、
正しい「利益」を生み出せない。
結果として生産性が低くなってしまう。

だからこそ、マーケティング・オートメーションや
エンターテインメント・テクノロジー、
それらを「適正価格」で使えるようにすることで、
日本のあらゆるビジネスにマーケティングを届けていきたい。

技術は「人」のためにある。その前提を私たちは追いかけます。
テクノロジーに任せられることは任せ、人は「人がやるべき仕事」をやればいい。
人を楽にすること。そして、人がより楽しく働ける社会へむけて。
私たちはサステナブルなビジネス環境を創造していきます。

スターティアラボとMtameは、
2021年7月1日より、
クラウドサーカスへと社名変更しました。

■概要
スターティアラボ株式会社(本社:東京都、代表:北村健一)とMtame株式会社(本社:東京都、代表:金井章浩)が合併及び商号変更し、
クラウドサーカス株式会社(本社:東京都、代表取締役CEO:北村健一 代表取締役COO:金井章浩)としてスタートします。

■クラウドサーカス誕生の背景と目的

スターティアラボは、2009年設立、主に情報発信ツール(電子ブック、CMS、AR、スマホアプリ)を行い、Mtameは スターティアラボの100%子会社として、2018年設立、主に見込み顧客を獲得するためのツール(Webサイト制作、MA、マーケティングコンサルティング、広告運用)を提供して参りました。2020年4月以降からは、デジタルマーケティングのSaaSビジネスの高まりと、デジタルシフトの推進から、SaaS型のサブスクリプションモデルへ大きく舵を切り、両社で扱う各種ツールをSaaSサービスとして総称する『Cloud CIRCUS』として、マーケティングの上流から下流までオールインワンでサポートする方針へ転換しています。このことを踏まえ、両社が保有する経営資産を有効活用することで、市場環境の変化や多様化する顧客ニーズへの対応力をより高めることを目的として合併し、提供するSaaS総称 ブランド『Cloud CIRCUS』と社名を同一呼称することで、ブランディング強化にも繋げて参ります。

■クラウドサーカス株式会社に込めた想いと今後の展望 代表取締役CEO 北村健一のコメント
日本の根底から、日本の進化を支援する。それは私達の強い想いでもあります。その為に、既に2021年3月段階で2万利用に達しているCloud CIRCUSというデジタルマーケティングSaaSを日々進化させています。多くの人が、楽しく、そして楽に働けるように、私達はプロダクトを磨き続け、その支援を広げていきます。そしてそれは、アジアにも広げ、より多くの人が幸せになれる世の中を創っていきます。2021年はベトナム進出を開始しましたが、もっと多くの人の笑顔が見られるよう邁進していきます。これからも皆さんの期待を超えつづけ、より多くの人が幸せに働ける、そんな世の中を実現していきます。


■クラウドサーカス株式会社について  https://cloudcircus.jp/company/
会社名:クラウドサーカス株式会社 (英文表記:Cloud CIRCUS Inc.)
所在地:〒163-0919東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス21F
代表者:代表取締役CEO 北村 健一
資本金:150,000千円
事業内容:デジタルマーケティングSaaS「クラウドサーカス」の開発・販売及び、
     デジタルマーケティングに関するコンサルティング・受託業務
  • Cloud CIRCUSを
    もっと知りたい

    資料ダウンロード
  • どんな機能があるの?
    導入や契約について知りたい

    お問い合わせ