デジタルマーケティングはこれひとつで。

マーケティングオートメーションからAR(O2O)まで
実現するデジタルマーケティングプラットフォーム

失敗しやすいマーケティングオートメーションの考え方:日本とアメリカの違い

TOP > トピックス > 失敗しやすいマーケティングオートメーションの考え方:日本とアメリカの違い
MA
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ラボブログ編集部です。多くのWebマーケティングの新しい手法や技術はアメリカで生まれ、成長してから日本へ入ってきます。それは今、日本で今話題になっているマーケティングオートメーションツール(以下MAツール)もその中の一つです。現在MAツールはアメリカでは当たり前に活用されていますが日本では実は成功している事例はごく少数です。今回は、なぜアメリカではMAツールの活用がうまくいっており日本国内では成果が出ないのか比較していきましょう。1、日米のマーケティングの取り組み方日本において今後実施していきたい活動として多くがデジタルマーケティングを行う前段階のリアルの施策テレマーケティングや展示会出展など多くあります。▲株式会社シャノン、BtoBマーケティングに関するアンケート調査実施しかし、その中でも2013年から2014年にかけてSNSの活用は減少しその代わりにオウンドメディアの伸びが大きくあります。総括して確認すると、そもそもSNSを活用するためにはオウンドメディアなどの自社のコンテンツを作成することが重要でそのうえで戦略的に施策が組まれるようになったことが確認出来ます。一方アメ...

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pick up