1. TOP
  2. 製品
  3. ActiBook_old

製品

プロダクト

電子ブック・動画共有
「ActiBook」

ActiBook

資料やパンフレット、カタログのPDFをアップロードするだけで、
ノーコードで簡単に電子ブックが作成できる機能です。
また、動画ファイルをアップロードすれば動画閲覧用の電子ブックも作成可能。
電子ブック化した資料と一緒にセミナー動画、製品説明動画なども共有でき、より快適な情報共有を実現しました。
ログ解析で閲覧状況も確認可能です。

電子ブックとは?

電子ブックとは、カタログやパンフレット、書籍などを電子化し、PCやスマートフォン、タブレット上に表示して読む冊子です。電子書籍やデジタルブックとも呼ばれます。紙と比べて印刷・運搬コスト削減になることはもちろん、商品カタログ、サービス資料、ホワイトペーパーなどをWebサイトで公開する際に電子ブック化することで、企業・ユーザー間のスムーズな情報伝達の手段として活用されています。
PDFと違い、電子ブックはログ解析、UXの向上、編集のしやすさなど様々な面でメリットがあるため、多くの企業が電子ブックを導入しています。

電子ブックも動画もURLで簡単共有

  • 電子ブック・動画共有

    ActiBook

    「ActiBook(アクティブック)」はPDF・動画をアップロードするだけで誰でも簡単に電子ブックが作成できます。紙をめくって読んでいるようなエフェクトや付箋・メモ機能などで快適な閲覧環境を実現。動画共有もできるため、電子ブックの資料とセミナー動画などシーンに合わせて快適な情報共有が可能です。

ActiBookでどうやって
「顧客をふやす」のか?

  • 1| 提案チャンスを逃さない攻めの営業を可能に営業効率もアップ

    電子ブックならお客様のご要望が高まっているタイミングでアプローチできるため、成約率を高めることができます。
    Webサイトに掲載しておけば、好きな時に閲覧してもらえ、Webサイトを訪れる見込み顧客に自然とアプローチできます。
    商談中ならば、ヒアリングで明らかになったお客様の課題に対して電子ブックの資料でその場ですぐに追加のご提案が可能です。スムーズかつ効率的に商談を進めることができ、成約までのタイムロスをなくすことができるため、営業効率が上がります。

  • 2| 常に最新情報を提供して、信頼性アップ

    会社の実績やサービスの変更に合わせてカタログやパンフレットの内容を更新する場合、電子ブックなら更新内容が同一のURLにそのまま反映されます。そのため配信した後でも内容が更新されるため、常に最新情報の掲載が可能です。誤った情報が掲載される心配がなく、信頼性の高い情報発信を実現します。

  • 3| ログ情報の蓄積・分析で、ユーザーの興味を見える化
    内容をブラッシュアップし、CV率や制約率アップ

    電子ブックについてユーザーがどのページをよく見ているのか、成約率の高い営業の見せているページはどこなのかなど、さまざまなデータを可視化。
    ログ情報をもとに、資料やカタログ、パンフレットをユーザーの興味に合った内容にブラッシュアップしていくことで、CV率や制約率を高め「顧客を増やす」を実現します。

電子ブック・動画共有で顧客を増やそう