1. TOP
  2. media
  3. セミナー・イベント
  4. 【11/16(火)】[CSツール3社のPM/CSに教えてもらおう!第2弾] CS活動でよくある課題とツールによる効果的解決方法
【11/16(火)】[CSツール3社のPM/CSに教えてもらおう!第2弾] CS活動でよくある課題とツールによる効果的解決方法

【11/16(火)】[CSツール3社のPM/CSに教えてもらおう!第2弾] CS活動でよくある課題とツールによる効果的解決方法

Cloud CIRCUS 広報部

【日時】
2021年11月16日(火) 10:00~11:30 開催

1つでも該当する方は必見!!

  • カスタマーサクセスの専用ツールを探している方
  • 今のカスタマーサクセス活動が正しいのか、確信が持てない
  • カスタマーサクセスにおいて、やってはいけないことをやっていないか心配
  • カスタマーサクセスの初期段階でつまづいていそうで不安
  • カスタマージャーニーマップの導入が進んでいない
  • 既存顧客への深耕を効率的かつ効果的におこないたい
  • 契約の継続率を向上させたい
  • 顧客エンゲージメントを最大化したい

 

 

 

 

概要

市場の経済活動が「コト消費」へとシフトしはじめてから数年がたち、世の中にはSaaS/サブスクリプションと呼ばれる継続課金型のビジネスが多く生まれてきました。
それらのビジネスが提供する機能や実現する世界は千差万別ですが、事業として成功するために必要な活動に大きな差はありません。

そんな継続課金による収益(LTV)を最大化させるための役割・活動として「カスタマーサクセス」が重要であるという考え方は、 今や業界内における共通認識といえるほど浸透しています。
しかしその成功事例は、まだそれほど多く聞こえてこないのが実情です。
そこには「カスタマーサクセス」という新たな概念に対する誤解や、放置してはいけない問題、また最初に取り組むべき常識などに 対する知識と経験不足が大きく影を落としていると考えられます。

今回は、今年7月に開催し好評を得た「CSツール3社のPM/CSに教えてもらおう!」企画の第2弾として、 「カスタマーサクセス」活動や組織においてよくある課題を、プロとして専用ツールを提供するPM/CSが徹底議論の上抽出し、 いかにしてそれを解決するのか、それに寄与する手段としてそれらのツールがいかに有効なのかをディスカッション形式で披露します。

これからカスタマーサクセスに取り組もうとするかたがたはもちろん、組織ができてから数ヶ月、数年たち、 メンバーも複数名存在しているにも関わらず「いまひとつうまくいかない」というCS担当者、経験者にはとくにオススメです!

 

 

セミナー内容

カスタマーサクセス理想の全体像について

CS活動でよくある課題とその解決策について

各ツールのご紹介

質疑応答

※内容は変更になる可能性もございますので、ご了承願います。
※開催の趣旨から、同業の方のご参加はご遠慮いただいております

開催日時・場所

開催日時 2021年11月16日(火) 10:00~11:30 開催
定員 先着100名
参加費 無料
会場 ウェビナーでの開催となります ※お申し込み後、開催前日に受講URLをご送付します。
ご注意 ※競合他社 / 同業者の方からのお申込みなど、当社の判断により、お断りする場合があります。
※セミナー中の録音、撮影はご遠慮ください。
※都合により、企画の内容が変更になる場合がありますのでご了承ください。

講師紹介

尾上 雄馬

尾上 雄馬

株式会社ユニリタ
ビジネスイノベーション部 部長代理 
「Growwwing(グローウィング)」責任者

経歴

2007年に株式会社ビーエスピー(現ユニリタ)入社。ITサービス向けヘルプデスクSaaS「LMIS」を新規開発から開発を担当。開発業務の傍らサポートも兼務していたが、解約率の高まりに危機感を感じ、2017年より同サービスのカスタマーサクセスチームを立ち上げ責任者を担当。カスタマーサクセス管理用のツールを内製し、解約率半減を実現。 この管理ツールを汎用化し、Salesforce上で稼働するカスタマーサクセス管理SaaS「Growwwing」として販売開始、2020年7月より事業化し責任者を担当。 itSMF JapanにおいてクラウドSLA分科会副座長、サービスカタログ分科会座長も歴任。

杉本恭介

杉本 恭介

株式会社ODKソリューションズ
カスタマーサクセスオートメーションツール「pottos」カスタマーサクセス

経歴

2020年ODKソリューションズに入社。CSオートメーションツール「pottos」のセールスを経て、現在はカスタマーサクセスを務める。 機能企画や導入支援を担う一方で、BIツールMotionboardの設計も兼任し、顧客に役立つデータの調査や分析ボードの構築を行う。

橋口 浩暉

橋口 浩暉

クラウドサーカス株式会社
Cloud CIRCUS CS「Fullstar(フルスタ)」プロダクトオーナー
兼 事業責任者

経歴

2018年Mtame株式会社入社。MAツール「BowNow」のインサイドセールス、オンラインセールス、カスタマーサクセスのマネージャーを務める。導入提案から活用支援まで幅広い業務を経験し、現在はカスタマーサクセスマーケティングツール「Fullstar」の商材責任者として開発・戦略立案・導入支援を実施中。(Twitter:@KohkiHashiguchi

お申し込みフォーム

※同一企業様から複数名のご参加は可能ですが、ウェビナーの性質上、お一人様ずつフォームから参加登録をお願い致します。

  • Cloud CIRCUSを
    もっと知りたい

    資料ダウンロード
  • どんな機能があるの?
    導入や契約について知りたい

    お問い合わせ